講談師・神田陽司のテキストブログ


by yoogy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第一章「正しいことをする」

・・・実際、このレビューを書くのは昨日書いた通り「必要なお勉強」ではあるのだが、やはり現実逃避でもあるのでけっこう長期にわたることになりそう。イッキ読みはもったいないので。

2004年、アメリカにハリケーンがきた時、現地では物価が10倍以上になり、便乗値上げが横行した。「横行」と書いたがこれが無条件に「正義に反する」という判断は実は誰にもできるものではない。2ページ目にはその理由が書かれている「値上げのおかげで国中から物資を売ろうとする人間が集まり、結果として現地の人々は救われる」と。

(ああ、くそう。このあとかなりの長文を書いたのに、たったひとつのキーの押し間違い全部消えてしまった)(その内容は、自分が阪神淡路大震災似たヨウ経験をしたことだった)。

だが、その「市場」が機能するまでに数十倍に値上がりした生活必需品が最もまずしい人たちに届かないのは事実だし、それが生命の安全にかかわるケースもあるだろう。

さて、この時施行された「便乗値上げ禁止法」は正義か否か? あなたがフロリダ州議会の議員なら、この法律に賛成票を投ずるかどうか?

実は世の中で「正しく」行動するためには根本にさかのぼって考えることができなくてはならないということがわかる。

サンデル教授が話題になった時、ネット上でも「哲学なんて机上の空論」みたいな意見が多く見られた。「哲学は諸学の母」などとはなんという「現実」とかけ離れた物言いかと思われがちだ。だが実はその「現実」を考えるためにはやはり「根本にさかのぼって考える」必要がある。江戸時代のような安定した閉鎖社会ならばそうそう「正義」がゆらぐこともなかっただろうが21世紀の先進国では間違いなく「正義」についての哲学は必要となっている。それが今回のブームの本質であろう。

昨日書いた「線路上の五人を助けるか一人を犠牲にして五人を救うか」の問題は今日現実にある問題だ。アフガニスタンで一人の農夫を見逃したためにゲリラに戦友を皆殺しにされた兵士は農夫を殺すべきだったのかどうか。

現代の日本に生きていればこの兵士のような選択を迫られることはまずあるまい。だが、少なくとも国際問題を論じようとするなら、いや、たとえば選挙の投票行動ひとつにしても、やはり筋道を立てて「正義」について考えるよすがはあるにこしたことはないだろう。


(50/432P)
[PR]
by yoogy | 2010-09-18 18:28 | レビュー
さあ困った。

『志高く 孫正義正伝』『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』『拝金』に続いての電子読書。

この本は「ハーバード白熱教室」で有名になったマイケル・サンデル教授の書き下ろし授業である。正直、10年に一冊だけ本を読むならこの本だろう、というぐらいの本だと信じている。だが・・・いかんせん、不見転で買ってしまったが、しおり機能も付箋機能もついていない「原始的電子書籍」で買うべきではなかったと後悔している。この本は卒論を書く時のメインテキスト並に書き込みをしながら読んでいかなくてはならない本だと思う。

だからといって、書籍版を買い直す余裕もないし、そこで、このミクシィ日記に詳細にレポートを書いていくことで補うことにする。

今日はその前夜祭。

まず「正義」をなぜ自分が問題にするか。

「自分」というのは「オタク系講談師」のことである。

そもそも「講談」というのはかなり単純な勧善懲悪の物語を基本としている。悪いヤツはあくまで悪く、正義の人はあくまで正義。そうでなければ正義が悪を負かす爽快感がない。つまりは多分にアリストテレス的なカタルシスの演劇構造を本質としている。

だから、たとえば赤穂義士で大石内蔵助が吉良を討つことに疑問を持ったりしては「講談」そのものの伝統を否定することになるといっていい。自分の独演会のタイトルが「講談革命」なのは、当然そういうことに構造的疑問を投げかけるためで「テロリスト大石内蔵助」などの作品では確実に「敵討ち=正義」を否定している。
http://www.t3.rim.or.jp/~yoogy/netacyo.htm

だからこそ「正義」というものに対して突き詰めた考察ができなければならないと思っている。

最近少し自分にとっての魅力が減じてきたといえ『ワンピース』というマンガで「海軍」というかの世界の治安維持勢力が背中に「正義」と大書きされたトレンチコートを着ている。このマイケル・サンデルの著作は、いわば世界でいちばん売れているマンガ『ワンピース』と同じテーマを持っているといっていい。

サンデル教授の例え話は面白い。「もし、あなたが電車の運転手だとして、電車が暴走して5人の線路作業員をいましも轢こうとしている。だが、もし待避線へ入ればそこには作業員は一人だけしかいない。あなたならそのまま進むか、待避線へ進むか?」この場合、多くの人は「退避線へ進む」と応えるだろう。だが、退避線の作業員にも何の落ち度もないのになぜ犠牲を当然とできるのか? こう問われた時明解に答られることができるだろうか。

考えたところで答の出ない問題を考えることが、実は現代には最も必要なことなのだ。

ちょいと不足を感じながら今日は終わり。
[PR]
by yoogy | 2010-09-17 18:25 | レビュー

『坂本龍馬と新撰組』

永谷ホール(Fuホール)9/10夜席。

「ヨウジ版龍馬伝」隔月の第三席。文久三年の京の動乱の中で出会う龍馬と新撰組の山南敬介の物語。

沖田総司は神田陽司と漢字二文字違い。ほかには寺山修司や山田玲司(マンガ家)などがいる。

正直、新撰組への反感に満ちた話になってる。まあ、悪役が芹沢鴨なのはそれが全面に出ないようにとのごまかし。いわゆる「鴨フラージュ」というヤツですわ。

高座では冗長になるので触れなかったが、実はこの話の山南敬介にはモデル、というか、想定した人物がいる、イラクで命を落とした奥克彦大使(死後の特進による大使)である。自分と同郷で大学も同じ、彼が戦地・イラクで何を思い命を落としていったのか、そんなことを考えながら書いた記憶がある。

私の「龍馬伝」はほとんど平成に起こった事件を投影している。というより、現在を語るための素材としての龍馬なのだから。

さて、NHKの龍馬伝には「龍馬さんカコイイ」以上のメッセージがあるのだろうか?
[PR]
by yoogy | 2010-09-11 22:40 | 高座
(※ mixi日記より転載)

(【メモ】と断り書きのある時は、あまり文章に自信のない時です)

NHK-BS2で見つけ、懐かしさで見始めたが、けっきょく四時間見てしまった。

感動したのは、30年経っても「何一つ、テクノロジー的な進歩の跡がない」。そりゃ、BGMとかがMDとかデジタルデータになってるかも知れないが、イキナリ裸舞台とか、高校生がまさに体ひとつでやってるのは何も変わってない。

中でも弘前中央高校演劇部の『あゆみ』(作・柴幸男)には感動した。内容にはもちろんだが、「全編歩き続ける演劇」というものを寡聞にして知らない。ということは「演劇は、いまだに形式として新しく形作られ続けている」ということだ。

誰の、何の文章だったか「形式とは、天才が作り出した方法が踏襲されるうちに形式となる」とあった。『あゆみ』が「歩き続ける演劇」としての「形」を成すとは思えない。ということは「個人の発想のレベルですら、新しいものが作り出され続けている」ということでもある。

そして優勝校は、群馬県立前橋南高等学校「黒塚 Sept.」 こちらは形式としてはよくある形なのだが、表現のスキルが秀逸。

高校生には絶対の強さがある。それは「世界の限界を知らない」ということだ。どんなに醒めたようなことを口にしたとしても、実感として「世界に超えられない壁がある」ことを実感している高校生など稀なはずだ。演劇は世界を一から構築し直す作業だから、そこに描かれた世界にもいきおい「壁」がなくなる。児童画と比べてはさすがにすまないが、児童画における表現と発想の自由さに似たものがあるだろう。

あと「演劇」というものが完成していく過程において、いかに多くの「普遍的なもの」を拾いあげていくかということ。時間をかけて作るものだから密度が勝手に高まっていく、むしろ、密度が高まらないと維持できない(なにしろ同じことを繰り返すのだから)。

創造過程を繰り返す中での耐えざる発見。これはやはり、映画にはない特徴だといえるだろう。なぜなら問題は「過程」で、映画の撮影中にあまりに全体的な創造が起こると、過去に戻って他のシーンを撮り直さなくてはならなくなる。もちろん、映画が創造的行為の余地を残さないというつもりではないが、監督の脳内にあるイデアが統一されていなければ作品足りえないだろう。

これも出典を忘れたが「舞台は役者、テレビは脚本、映画は監督」という区分は、その「創造的過程」の現実的局面において出てくるものであろう。その意味で、高校演劇というのは、高校生がその創造の最高責任者になる経験をするという点で実に教育的なものであろう。

美空ひばりがレコーディングする時、テイクワンしか録らなかったという伝説は彼女の中でその創造的過程が終了していることを意味する。レコード(記録)とはそういうものであり、たぶん、彼女の歌は千回が千回違ったものだったに違いない。

うーん

ムッシュムラムラ。
[PR]
by yoogy | 2010-09-05 19:03 | レビュー

『生きる悲哀』

木馬亭高座。

ネタ帳を見ると、他の講釈師は、ちゃんと新しいネタをかけている気がするが、自分は「新ネタ」ではなく「新作」を書いているので、「ネタの維持」のためには古典もかけなくてはいけない。そしてキチンとできた「新作」はこの木馬亭でもかける。「木馬亭でかけられないものは<講談にあらず>」と決めているのは、講談の席だとどうしてもお客様に「これは実験的作品です」と甘えてしまうから。

さて『生きる悲哀』は、大正時代の教育者が不良少年を立ち直らせるというただそれだけの話。それだけ、といいながらきちんと生徒との接近過程が描かれている。30分たらずの話でこれだけ充実した起承転結があるというのは、「大正モノ」とはいえ「古典」に位置づけていいと思う。

自分が二代目山陽から習って、どこか改変を加えたとすればラストシーン近くを「地の分」ではなくセリフにして、いささかスタニスラフスキーチックな「演技」の場面を足したくらいか。自分で泣くタイミングのない話にお客様が感動させる力があるとは思えないから。案の定、電車の中でネタ繰りしてて、泣く。

本当は「雑草」という単語にからめて「元ジャイアンツの上原」というくすぐりがあるのだが、もう古びて使えないかなあ。

それと、この話にはちょっと困った思い出が、いや、思い出でなく今も進行中なのだ。

7年ほど前、なんとこの話の登場人物の子孫からメールをいただいたのだが、それがパソコンのトラブルでどこかに行ってしまったのだ。なんとか復元できないかと7年間さがし続けている。

万にひとつでも、このブログをごらんになったら、ご連絡ください。

http://www.t3.rim.or.jp/~yoogy
[PR]
by yoogy | 2010-09-03 18:38 | 高座