講談師・神田陽司のテキストブログ


by yoogy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【MIXI日記より転載】

※私の携帯電話はdocomoです
※私のiPadはwi-fiモデルです


http://www3.stream.co.jp/www11/softbank/ja/press/20100625/index.html

昨日、株主総会のあとに行われた、孫正義氏の講演(?)。会場で聞いた。
本人は「大ボラ」と言っていた。正鵠を射ている。「今後30年のソフトバンクのビジョンを発表します」といいながら、始まったのは「実は300年のビジョン」なんです。「私の人生にとって一番重要なスピーチとなるはずです」語り口はあいかわらずメリハリがないが、これがこの人の話術なのだろう。

繰り返されたのは「情報革命で人々を幸せにする」それが300年のテーマだと。そのために「まず、悲しみとは何か、喜びとは何か」を定義していく。その「減少と増加」が「幸せ」ということだ。なんか、どっかの総理大臣みたいなことを。

いただけなかったのは「悲しみ」の初っぱなに「死」を持ってきたことだ。統計を取ったというが、これはよくない。「死」を扱えるのはたぶん未来永劫宗教だけだ。「死」は医療問題ですらない。「情報技術」が死の問題に触れないのは大前提・・・というか「人の実存において触れない部分」が「死」の定義であることを忘れてはいかなる原理も打ち立てられないだろう。

それでも氏は「悲しみをやわらげること」を「幸福」の定義として語り続ける。なるほど、表面的な「孤独」ならば情報技術でも癒すことは可能だろう。

次に情報革命、なかでもコンピュータの発達について。株主総会であることを意識して(高齢者が多い)「脳のシナプス」にあたる「コンピュータの部品」を「トランジスタ」と言っていた。自分も講談でよくやる手法だ。間違っていなければ即時に理解可能な単語のをセレクトする。「半導体」よりもやはり「トランジスタ」がいい。

うまいのはその単位数が増えてくると、いつの間にか「素子」という表現に変わっている。「あれ? トランジスタじゃなかったのか?」という疑問を抱かせないほどにシームレスに。まるで神田陽司がブレーンに入っているような単語のぼかしかた。

とにかく、あと「8年でコンピュータは人間の脳を超える」と主張。これまた、「8年」がうますぐる。理由は上にも書いたのと同じ。株主のみなさんが「将来」として明確にイメージし得る限界をよく知っている。

その論に根拠を与えるために、コンピュータの発達史が続く。

(この項続く)
[PR]
by yoogy | 2010-06-26 18:20 | 記事