講談師・神田陽司のテキストブログ


by yoogy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『スティーブ・ジョブズ 人を動かす神』(竹内一正)【執筆メモ】

前に書いた「講談スティーブ・ジョブズ」は純粋に
http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html
の「メッセージ」のみから発想した。

なんとかより充実したものにしようと思っていた矢先、震災がやってきた。
被災した訳ではまったくないが、その後頭の中を地震と原発が駆け回っている。こういう時に、いかにして別テーマの物語を書けるだろうか。

「夢はかなう」と主張することが自分の人生の超課題である。その主張のために身命を賭して足りるものだと思っている。ジョブズはこう言っている。
「もし今日が人生の最後の日だったら、今日やろうとしていることは本当にやりたいことなのか?」と自分に問い、何日もノーが続いたら何かを変えなくてはいけないと。これはある意味過ぎた問いだ。「何日も」が何年も続いても人は生きてゆかなくてはならない。だが、この問いに意味はある。「やりたいこと」の設定が間違っていると質問自信が成り立たなくなってしまうからだ。

「今日も会社に行きたいのか?」と問えば「今日は休みたい」というのが普通だと思う。どんなに手塩にかけた仕事でも「もう一息ついてから安楽椅子で完成の報告を聞きたい」と思うだろう。現場に行けばそれなりにアッという間に時が過ぎるなら、それこそ地球が100人の村なら1人か2人なみに恵まれているのかもしれない。

ジョブズは自分自身への信仰が深いといえるのではなかろうか。ペプシ・コーラの社長、ジョン・スカリーを引き抜いた時の有名なセリフ
「残りの人生を砂糖水を売って過ごすのか、それとも世界を変えるチャンスを手にするのか」。魅力的なセリフだ。

だか、いま引用していてフト前からの思いが形になった。

ジョブズがやがてスカリーにアップル社を追い出された理由もまたこのセリフの中にあるのではなかろうか、と。

コカコーラの全米シェアを追い抜きペプシを一位に押し上げたスカリーはその夢を達成されたことで簡単に放棄してしまった。そういう人間だから逆にジョブズとは夢を共有することができなかった・・・・?

「メッセージ」だけから想像していたジョブズは、もっと穏やかな策士、木下藤吉郎みたいなイメージだったのが、この本を読んでからずいぶんと信長に近づいた。じゃあスカリーは明智光秀かというとスカリ関係ない考察になってしまう。

つまりジョブズは思ったほど人格者ではない。

それを知ってなお、彼が魅力的である点はどこか。

それを探すことで、前回の物語を補完することができそうな気がする。




(つづき)

時間は直線的にしか進まない。人類がおそらくその発生時から望んできたことは時間を逆方向に進むエンジンの開発であろう。言葉も、文字も、絵も、写真、映画、パソコン…すべてがこのエンジンにいたる虚しい試みに過ぎない。

さてさらにジョブズ。「メッセージ」の中で最も重要な示唆を含んでいると思う部分がここだ

「未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです」

カルマ、という単語が入っているのがジョブズらしいが、つまり彼は「タイムマシーンは必要ない」と結論を出しているのだ。点と点をつなげるのはそこを通過した後からだが、必ずつながると信じよ。と。これは果たして「成功者だから」言いえた言葉だろうか。そうだと仮定してみよう。これはただの自慢話でしかない。そうでないと仮定してみよう。彼はアップルを追い出された時には「成功者」ではなかったはずだ。部屋の電気を消して一晩泣き続けるような「勝ち組」はいない。彼は確実にその時は「敗者」だった。一財産築いていたことがどれほどの満足を彼に与えていたかは知るよしもないが、彼はそこで留まることなく進み続けた。

「現在」の話しか自分は講談にはできない。いまの日本の惨状と、これから進む茨の電車道をジョブズの思想で解決はできないだろうか。「ピンチをチャンスに」と人はいう。災害の死者には決して適用できない言葉だが、死者にはもとより言葉は届かない。生き残ったもので彼らを朽ちさせぬこと以外に道はない。あらゆる絶望と困難に直面して人は「夢はかなう」などと言いえるだろうか? 自分が始められるのは「かなう」と信じることでしかない。すべてを失って、時間の流れの遙か後方の丘の上にたって「あの点はこの点とつながっていた。無駄ではなかった」と言いえる境地があるのだろうか? 「ある」と信じることでしか物語は成立しない。

そうなんだ。それが「悲劇」であったとしても「物語」は中立で残酷で無慈悲な現実に「条理」を与える装置でしかない。そうすれば少なくとも「不条理で無意味で虚無な」現実に心を殺されることはないはずだ。

なんだ、スティーブ・ジョブズのやってきたことと自分のやるべきこともまた、同じではないか。

よし、これで出発点は確認できた。

あとはゴールだ。が。
[PR]
by yoogy | 2011-04-13 18:04 | レビュー